シャンプーって何が違うの?あなたの頭皮は大丈夫?

みなさんは考えたことありますか?

シャンプーってなんだろうって。

良い匂いにするため?汚れ取るため?習慣だから?

yasu
僕は頭臭くなるので毎日シャンプーしたいっす

 

考えると奥が深いんです、コレ。

 

美容師になったばかりの頃、毎日毎日シャンプーして思ってました。

 

シャンプーってなんだろう。

 

シャンプーとは過剰な皮脂や汚れを取り除く事であって、頭皮から完全に皮脂を取り除く事ではないんです。

なぜかと言いますと、皮脂を取りすぎてしまうと頭皮が乾燥します。

するとその乾燥した頭皮を補おうと体がサインを出し、皮脂が過剰分泌し逆に不衛生になりやすくなります。

だからシャンプーは優しくネ♡

皮脂が増えるとダメなの?

頭皮にある通常量の皮脂でしたら全く問題ありません。

むしろないと困る。

 

皮脂はキューティクルを守り、水分を蒸発しないようにする役目があります。

この水分が蒸発してなくなってしまうと髪の毛から艶も消滅します。

だがしかし、皮脂はありすぎるとちょっと困ります。

過酸化脂質とい、脂が酸化してしまいとても不衛生な状態になります。そして毛穴がつまる…

いくら毎日シャンプーをしようがトリートメントをしようが毛穴が詰まっては意味ありません。

健康な髪は毛根から!これ大事。

 

良いシャンプーと悪いシャンプー

良いシャンプーと悪いシャンプーの違いがよくわからない。

よくそんな質問をされます。

良いシャンプーとは頭皮に必要な皮脂を取りすぎないということ。

 

この刺激の弱いシャンプーをベタイン系シャンプーと言います。またはオーガニック系のシャンプーも頭皮の汚れを取りすぎません。

通常美容室で使われているシャンプーはこのベタイン系のシャンプーになります。

(オーストラリアのサロンでもベタイン系のシャンプーを使用しているよ!)

そして次に匂いや仕上がり感を重視すれば良いかと思います。

 

逆に悪いシャンプーは洗浄力が強すぎて必要な皮脂まで奪ってしまいます。

この刺激の高いシャンプーを高級系シャンプーと言います。(名前ぇぇ

このシャンプーの特徴は泡立ちやすいということです。

物によっては食器用洗剤並みの洗浄力の強さのシャンプーもあります。

そしてそのようなシャンプーはコーティング剤(シリコン)によってカバーされており、ギシギシすることもないですし、仕上がりもベタイン系のシャンプーと大差ありません。

皮脂が無くなる事によって、頭皮は皮脂を補おうとして過剰に分泌し、頭皮はベタベタします。

そして必要以上に分泌された脂質は酸化し、毛根に詰まってしまいます。

そうなってしまうと

健康な髪の毛は生えない、育たない、臭いという悪循環を引き起こします。

 

yasu
禿げたくないよぉぉぉぉ

 

肌が弱かったり乾燥しやすい人は特に注意が必要です。

 

まとめ

シャンプーによっては皮脂が詰まってしまったり、カラーの持ちが悪くなるなど決して見逃せない事があります。

しかしそれらの変化は通常目に見えてわかるものではありませんし、意識してなかったら特に何を使ってもいいかなと思います。

頭皮のトラブルを持っている方や、カラー、パーマを長持ちさせたい方は一度自分の使っているシャンプーをチェックしてみましょう。

スーパーやドラッグストアに売ってある安いシャンプー(〇ンテーン等)は洗浄力が高く、強力に皮脂を洗い流すのでオーストラリアのような乾燥した地域ではフケなどの原因にもなります。

あと禿げたくない人にもあまりオススメできません

現場からは以上です

 

ご予約はこちらから

この記事を見て、ご予約をご希望の方や気になる方はこちらをご覧ください。ご相談のみも受け付けております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です