フィリピン留学でストレスが溜まったら?やっぱ飯っしょ!

 

フィリピン留学ってマジで英語漬けなんす…

1コマ50分で朝は8時から12時まで4コマ⇒ランチ!

午後は13時から17時まで4コマ⇒ディナー!

19時から22時まで3コマ自習時間…

計11コマ×50=550分!

わかります?この数字。約10時間…英語初心者にはとても大変な時間になります。

yasu
ってか禿げそうだったよ。こんなんなったよ。

 

 

ずーーーーーーーーーん!

 

大丈夫かこれ、大丈夫なのか。

 

そんな時には息抜きしないと生えるものも生えないやってらんないってことで、今回はフィリピンの休日に何をやっていたかを紹介していきませう!

フィリピンでの外食はまぁまぁ上手い!

 

王道中の王道、外食!

 

 

コチラはダバオ市民憩いの場、SMモールという日本の某ショッピングセンターイ〇ンを2倍くらい大きくしたところで食べた中華料理。

学校の寮で食べていた偽物韓国料理を食べ飽きていた僕らはこのお店に最後の1カ月、週3日で通ってました。

中でもこのチャーハンと貝柱の蒸したやつ(名前は知らん!)は絶対的安定感があり、それはまるでソフトバンク時代のブライアンファルケンボーグを思わせるような安心感でした。

ベトナム人の一番仲良かったTOMもこのお顔。

そうね、早く食べたいのよね。

ってかTシャツすげーの着てるな。ナウいぞTOM。

 

 

そして完食後

 

 

yasu
そうね、たくさん食べたのね。満足したのね。よかったね。

 

たぶん店員さんも我々をみすぼらしい格好でよく食べるアジア人覚えていたでしょう。いつも高校の時のジャージにサンダルで行ってたからね。

最後に通った時

yasu
このチャーハンが食べれなくなるなんて悲しい。絶対にこのお店と味は忘れない!キリッ

 

と思ってたんですが、もう味忘れました。そして忘れてました。人間の記憶って怖い。

 

 

スパゲッティーやらおにぎりも食べれたり、忘れちゃいけないのがこのジョリビー

 

フィリピン人のソウルフードと言っても過言じゃない。みんな大好きジョリビー。

このスパゲッティーなんですが、ミートソースに見えるでしょ?うまそうに見えるでしょ?

 

 

激甘なんだよこれ。

 

 

しかも給食で出たようなソフト麺的な感じでスパゲッティーとは程遠いです。

アルデンテこそ至高と考える上級国民の私はふざけるなと鼻息荒くしていたのですが

 

あら不思議、大好きになっちゃいます。

 

フィリピンではマックよりもジョリビー。国民全員が1度は食べたことがあるとかないとか。

僕らの最後の晩餐でした。またこのスパゲッティー食べたい..スパゲッティーなのかこれは?

 

 

あとはこんな感じでたまに学校がBBQしてくれたりします。

 

 

でも…お高いんでしょう?

 

いいえ、奥様!

日本だと高校生が払うのはちょっときついかなーくらいのお値段ですが、フィリピンではなんと

 

 

小学生がおこずかいを使って払えるくらいのお値段なんです!わかりずれーわ

 

最初のチャーハン(4人前)なんて400円くらいだし、貝柱は200円。ピザなんか日本のサイズと同じくらいで一枚200円ちょっと

ジョリビーのパスタとスプライトで120円!!

 

yasu
もう、いくっきゃねーだろフィリピンによぉぉぉぉぉぉぉぉ!

 

 

けどやっぱり授業時間が長いんだよぉ。

 

 

ご予約はこちらから

この記事を見て、ご予約をご希望の方や気になる方はこちらをご覧ください。ご相談のみも受け付けております。