黒染め落としとブリーチの違いってなんだ!

こんにちは!オーストラリアでフリーター美容師をしているyasuです。

3月も中盤に差し掛かり、ますます日本ではハイトーンする方が増えてるかなと思います。

前回書いた黒染め落としの方法は主に2種類ということでしたが、今回は脱染剤とブリーチの違いを見ていきましょう!

 

黒染めを落とすには主に2種類

  • ブリーチ
  • 脱染剤

通常のカラーでも明るくすることはできるのですが、確実ではないために主に美容院ではこの2つを使っていきます。

ブリーチ

皆さんご存知のブリーチからです。確かにリスクもありますが、お客様のライフスタイルや希望のスタイルによっては、こちらをお勧めすることがあります。

黒染め落としをする際にブリーチを使うメリット

まずはなんといっても明るくなるということです。

黒染めをした髪に対して、ブリーチを使ったとしても一気に11レベルから12レベルまで明るくすることができます。

明るくしたところに濃いアッシュや赤を入れることによって綺麗な外人風や原色系のカラーも可能となります。

ブリーチは色抜けが早い

これは皆さんご存知かとは思いますが、綺麗な色みを維持するには最低でも1ヶ月に1回はカラーリングしないといけません。

コストや髪のダメージを考えてもなかなか定期的にカラーリングできる人は少ないのではないでしょうか。

そしてデジタルパーマやストレートパーマを以前にやっている方はブリーチをすることで、髪の毛が溶けてしまったりするのであまりお勧めはできません。

こちらの記事で紹介したように黒髪を活かしたグラデーションスタイルを作る場合は、ブリーチの方が適しています。

えぇ..そんな...黒染めを落とすには2種類しかないの?

2017.03.08

しかし全体をきれいに均一に明るくする場合、ブリーチを使ってしまうと新しく生えてきた髪の毛(新生毛)も同時にかなり明るくなってしまい、根元が明るい逆グラデーションになってしまいます。

あらかじめ新生毛と黒染めをしたところの境目がわかっていれば塗り分けることもできるのですが、黒染めの部分だけにブリーチをのせるのはほぼ不可能です。

黒染めを落とすときにはこの境目が一番重要になります。そしてこの境目を綺麗に出してくれる薬こそが、脱染剤です。

脱染剤

この薬剤は文字通り色素だけを落としてくれるものになります。

脱染剤の優れている点

  • 境目がはっきりとする
  • ブリーチに比べダメージが遥かに少ない

この2つがブリーチよりも優れているのと同時に、一番重要でもあります。

境目がはっきりとする

脱染剤を塗り終わった後にシャンプーをして流すと、黒染めをしたところだけ少し明るくなります。

厳密に言うと明るくなるのではなく黒染めをする前の明るさに戻るということです。

ブリーチ→黒染め→脱染剤の場合、ブリーチをした時と同じくらいの明るさが出てきます

脱染剤をした後は黒染めをした所していない所の違いが目に見えてわかるのでムラなくカラーリングができます。

仕上がりを根元から毛先まで一定の明るさにしたい場合は、脱染剤をお勧めします。

ダメージが遥かに少ない

ブリーチの場合一度やってしまうと、その後パーマやストレートパーマをすることができなくなってしまいます。

これはブリーチによるダメージ加減の問題で、髪の毛が薬剤の力に耐えれなくなってしまいます。

しかし、この脱染剤の場合は色味を落とすだけなので髪の毛に致命的なダメージを与えることがありません。その後にパーマやストレートパーマもできますが、やはり気をつけないとチリチリになってしまう可能性はあります。

yasu
何事も適度にね!

脱染剤の問題点

脱染剤の問題点としては一つだけです。

時間がかかるということ。

ブリーチは一瞬で明るくなるのに対し、脱染剤は黒染めをした前の明るさが出てきます。

もし黒染めをした前に7レベルの明るさだと、脱染剤を使用した後は7レベルです。

そしてその7レベルから通常のカラーで明るくしていくのでハイトーンにする場合は、かなりの時間がかかってしまいます。

しかし仕上がりを9レベルや10レベルで保ちたいのであれば、黒染め落としとしては一番適した方法です。

この脱染剤を使った直後は赤みがかなり出てきます。その後にするカラーリングで赤みはある程度消すことができるんですが、完全に消すにはやはり時間がかかってしまいます。

まとめ

脱染剤とブリーチの違いは理想のスタイルにするまで時間がかかるか、1日でできるかということです。

ここでわかりやすいように架空のモデルさんを設定して、どのようなタイプの人にそれぞれの薬剤が適しているのか見ていきましょう。

  • モデル1
  • 2ヶ月前に一度セルフカラーで黒くした。
  • 黒にする前はブリーチをしたことがない。
  • 今現在髪の明るさは9レベル。
  • 痛みはそこまでなく、今までストレートパーマしかやったことがない。
  • 働いており、会社は8レベルから9レベルまでOK 
  • 時間がかかっても綺麗な髪の毛を作っていきたい

 

  • モデル2
  • 2ヶ月前に一度セルフカラーで黒くした。
  • 今現在の髪の明るさは6レベル。
  • 特にカラーリングもしたことはない。
  • 入社予定の会社が髪の毛に厳しく、カラーリングが出来ないので入社まで明るい色を楽しみたい。

 

モデル1の場合、脱染剤が向いています。

ダメージを感じない綺麗な髪の毛を作りたいという事と、1日で明るくしなくても良いのでゆっくりとダメージを少なく明るくしていけます。

モデル2の場合、ブリーチをお勧めします。

短期的なカラーを楽しみたいということ。

明るくなるまで待っていられないという理由から少し傷んでしまいますが、ブリーチしかないと思います。1日でかなり明るくできます!

 

yasu
1日で明るくしたい人はブリーチ、ダメージレスで時間をかけてもいいという人は脱染剤だよ!

ご予約はこちらから

この記事を見て、ご予約をご希望の方や気になる方はこちらをご覧ください。ご相談のみも受け付けております。