シリコンって何?効果と意味は?

最初に言っておきます。シリコンって言葉がすんごい出てきます。

 

yasu
シリコンシリコンシリコンシリコンシリコンシリコン…

 

何年か前からこのワードが流行ってますね。

ノンシリコンとシリコンの違い。オーガニックとノンシリコンの違い。それぞれよく聞かれる質問です。

これまで広告や商品、たくさんの場所でシリコンという言葉を見てきたと思いますが、あなたは本当に意味や使い方を理解していますか?

そもそもシリコンって何?ってところから、使用に適した人はどのような人か、説明していきませう。

 

そもそも…なにソレっ!

 

シリコンとは数あるコーティング剤の中の一種類になります。

yasu
え?なんか体に悪そう

でも大丈夫!整形手術でも使われる程ですから安全性はとても高くなっています。

そしてシャンプーやトリートメントに入っている物は指通りや艶をよくする効果があります。

コーティングするだけなので補修したり保湿したりする効果はありません。

えぇ、あくまでも手触りをよくするためのモノです。

逆にノンシリコンとは読んで文字のごとく、シリコンが入ってませんよ~ってもの。

 

でもね、ちょっとまった。頭の中でこんな感じになってません?

 

ノンシリコンシャンプー!

シリコン入っていない

シリコンって悪者?

じゃあ髪に悪そうだからシリコンは避ける!

 

これだけは避けてもらいたいです。決して悪者ではなく、逆に一定数の方には無くてはならないものなんです。

yasu
実際美容室のシャンプーにも含まれてるしね

今シリコンは悪者になっている気がします。

なぜでしょうか?

身の回りでノンシリコンという表示を見るたびにイメージが悪くなってしまったのかなと思います。一時期爆発的に流行ってたからね

 

シリコン入りシャンプーを使ったほうがいい人

 

  • ハイダメージ

  • まとまらない

  • 膨らんでぼわっとしちゃう

  • とりあえず髪の毛ギシギシだお

 

こんな方は使ったほうがいいです。

ノンシリコンやオーガニック系の製品を使うと仕上がりがギッシギシになっちゃう人もよくお聞きします。

それは明らかにシリコン足りてませーん!すぐに美容室のシャンプーに変更しましょう。(市販のはオススメできないよ!)

カラーやパーマを繰り返しされるお客様、ストレートパーマを繰り返しするお客様などはかなりのダメージを受けています。

しかしこのダメージ毛をオーガニック製品でカバーできるかといわれたら正直心もとないです。

当然ダメージを負えば手触りも悪くなりギシギシになってしまいセットなどが綺麗にできません。艶も出にくいですね。

そんな人たちにはシリコン入りのシャンプーやトリートメントを勧めています。

市販のものではなく、サロンで売っているようなものです。

 

 

でもなんか危なくない?

 

  • 毛根に詰まりそう
  • 頭皮が痒くなりそう
  • ってか禿げそう

 

などとよく聞きますが、実際にそのようなことはありません。

頭皮はターンオーバー(表皮の入れ替わり)をしているのでシリコンが頭皮にずっと付着している事は考えられません。

そして髪の毛は毎日伸びているのでそれに押し出されると いうことも考えられます。

ですのでシリコンが根元に詰まると言う事はまず少ないと思います。

 

 

ノンシリコンに隠された真実…

 

ノンシリコンと書いてあったらシリコンがはいっていないんだと思って買う人が多いかと思いますがそれはちょっと違います。

正確に言えばシリコンが入っていないだけでその他のコーティング剤は入っている可能性が高いと いうことです。

数あるコーティング剤の中でもシリコンは安全性が非常に高く、 良い部類に入ります。

ノンシリコンだからといってコーティング剤が入っていない訳ではありません。

ほかの物に比べ、とても安かったりするものは疑った方がいいといえます。

シリコン以外のコーティング剤が入っている可能性があります。

ちなみに~チコン、~メチコン、シロキ、と裏の成分表に載っていたらシリコン入り製品です。ご参考までに。

 

でもね、シリコンには悪いところもあるんだ

シリコンが大量に含まれた商品を使っていると、最初の頃の仕上がりはとてもよくなるのですが継続して使っているとそのうちに仕上がりが悪くなってくる事があります。

これは健康毛の人やダメージレベルが低い人に稀に起きる事です。

こうなってしまったら一度シャンプーとトリートメントを変えて、シリコンが入ってない物に変えてください。

シャンプーを変えると最初は手触りが悪くなりひどくなったと思いがちですがシリコンが剥がれている証拠です。

オーガニックや完全ノンシリコンを使い続けることによって髪本来の艶や自然な軽さがでてきます。

シリコンを使う上で気をつけたいコト

ノンシリコンシャンプーを使ってるけど、トリートメントは〇ンテーン。みたいなのは正直意味ないです。

トリートメント、洗い流さないトリートメントにむっちゃシリコンはいってますよ~!

それともう1つ、カラーやパーマをしている人が特に気をつけて欲しい事が一つあります。

美容院でカラーなどをすると髪の毛はアルカリ性になるのですが、シリコンはアルカリと強く結びつく性質があります。

家に帰ってすぐにシリコン入りの製品を使ってしまうと、栄養が髪に入り込む前にシリコンによって入り口が塞がれてしまいます。

これではいくら質のいい物を使っても効果は薄いので、まず髪のアルカリを取り除く事に重点をおきましょう。

アルカリ性がもたらす影響はコチラ⇩

 

 

まとめ

 

  1. シリコンは必ずしも悪い物ではない!
  2. 使う人によってノンシリコンかシリコンを選ぶ!
  3. 頭皮にシリコンは詰まらない!
  4. ノンシリコンと書いてあってもその他のコーティング剤が入っている事もある!
  5. シャンプーはノンシリコンでもトリートメントにシリコンが大量に配合されている事がある!
  6. ハイダメージの人はシリコン入りの製品を使った方がいい場合がある!
  7. カラーやパーマをしたすぐ後に市販のトリートメントは逆に悪化する!

 

これ重要。頭の片隅へぶち込んで入れておきましょう。

 

 

ご予約はこちらから

この記事を見て、ご予約をご希望の方や気になる方はこちらをご覧ください。ご相談のみも受け付けております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です